【若者がだまされる!】 悪質商法被害の防止の啓発用動画などの紹介

1444

 30秒のTVCM形式の若者向けの悪質商法の被害防止の動画とリーフレットを利用して、東京都消費生活総合センターを中心に「若者向け悪質商法被害防止キャンペーン月間」を実施中です。

↑動画「ゆきぽよの コレが悪質商法だ!!」 30秒版
※画像をクリックすると動画が再生されます。

 東京都は、若者の消費者被害の未然防止・早期発見を図るため、毎年1月~3月を「若者向け悪質商法被害防止キャンペーン月間」とし、 関東甲信越ブロック1都9県6政令指定都市及び 国民生活センターと共同で、若者向けの悪質商法被害防止キャンペーンを実施します。
 動画は、ゆきぽよさんが出演し、悪質商法の被害防止を呼びかけます!
【内容】『もうかる話』を信じてしまい、だまされたことに気づく ゆきぽよさん 。「ひとりで悩まず、まずは相談」と呼びかけ「直通電話188(消費者ホットライン)」を紹介します。
※「消費者ホットライン」188(局番なし)は、地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内します。 

東京都消費生活総合センター
↑啓発用リーフレット令和2年度版
※画像をクリックするとPDFが開きます。
↑啓発用リーフレット令和2年度版
※画像をクリックするとPDFが開きます。

まとめ

 社会経験が少ない若者を狙った悪質商法が増えています。悪質商法は関わってしまうと、騙されて都合の良いように利用されて被害者になるだけでなく、加害者側になりうる場合があります

ウソの話や、大きな危険性があることを伝えないで、都合の良い話だけで騙すことは違法行為です。

被害にあったり、そのような話が持ちかけられた場合は、すぐに回答せずに消費者ホットライン(局番なしの188)へ相談しましょう。

関連リンク

  • 作成:令和3年1月9日
  • 文:能登健
  • 出典元:東京都消費生活総合センター
能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表
    大阪で活躍する消費者問題と、デジタル分野に詳しいファイナンシャルプランナー
     
    主にスマホ料金相談事業者として、消費者に寄り添った対応で、利用プランと支払い額の最適化を実施し、余分な支払いを削減している。
     
    化学プラント設備メーカー、産業用エンジンメーカーの商品開発(防災用発電設備)のプロジェクトリーダー・マネージャーなどを経て、現在に至る。

    社会課題を解決するために、問題と向き合い深掘りし、組織を横断して、時には政府に意見し、さまざまな問題に対応し、解決へ導くことをライフワークとしている。
     
    ファイナンシャルプランナー(国家資格:FP技能士)、情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター(国家試験)、相続診断士(相続診断協会)、お客様対応専門員(消費者庁後援)、色彩検定2級(文部科学省後援)
    デジタル推進委員(デジタル庁)、食品ロス削減推進サポーター(消費者庁)