大阪コロナ追跡システムを活用しましょう

151

 大阪府では、店舗や施設、イベントなどで、「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを利用した方のスマートフォンで読み取り、メールを登録します。
 後日に店舗や施設、イベントなどで、新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、メールにて警戒やクラスター発生などの通知が来ます。
 メールの内容や、体調の変化に応じて、保健所へ連絡してください。

 「大阪コロナ追跡システム」は、店舗や施設、イベント主催者側の協力が必要です。ご利用していただく方々に対して、新型コロナウイルスの感染者発生時に、適切な対応ができ、さらなる感染拡大を防ぐ事が可能です。

 利用者側は「大阪コロナ追跡システム」を活用することにより、通知があった場合に適切な対応が可能になり、周囲の方への感染拡大を最小限に防ぐ事が可能です。

 この「大阪コロナ追跡システム」は、あくまで協力なので、「義務ではないから」、「監視されてるようだ」、「めんどうだ」など、消極的な出来ない選手権をしてしまうと、周囲の方々に迷惑をかけてしまいます。逆に出来ない理由を周囲に勘繰られて、疎外感を感じるようになりかなません。

 ご存知のように、日本では緊急時であっても、強権的な拘束力のある規制は出来ません。ですが、社会的責任として、社会の構成している一人ひとりが、新型コロナウイルスに適切に感染予防に努めることで、爆発的な感染拡大は防げます。
 このことは、一度経験済みですよね。
 国際的には、「日本は奇妙であるが効果はあるようだ。」とユーモアを交えて評価されています。


まとめ

 これまでは、防戦一方の新型コロナウイルス対策でしたが、これまでの時間でわかってきた事を最大限に活用する事で、新型コロナウイルスの影響を少なくして、社会経済活動を従来に近づける事が可能です。

 これは、社会的責任を優先して、全ての大阪府民や事業者が協力する事で、実現可能な対策です。

 詳細は、大阪府の「大阪コロナ追跡システム」のページにて確認ください。

参考サイト

  • 作成:令和2年5月30日23時
  • 文:能登 健
  • 出典元:大阪府
能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表、ファイナンシャル・プランナー、グラフィック・デザイナー、エンジニアリング・アドバイザー、システムアドミニストレーター、相続診断士、お客様対応専門員(CAP)、消費者啓発活動ボランティア、課題解決型・組織横断型地域ボランティア