【キャッシュレス決済】 クレジットカード利用が苦手な方、初めての方へ

320

キャッシュレス決済の拡大

 クレジットカードに限らず、キャッシュレスが数年で拡大し、多くの現金を持ち歩かずに外出することが増えました。

キャッシュレス決済の管理のしやすさ

 クレジットカードなどのキャッシュレス決済は、利用額を管理することが大切です。
 以前では紙の請求書にて、クレジットカードの利用額や引き落としが次回になるのか、その次かを確認していましたが、今はスマホのアプリで利用明細も含めて確認が可能です。

過去に使い過ぎて苦労された方は

 クレジットカードなどのキャッシュレス決済が苦手な方は、過去にご自身がいくら使っているからわからずに買い物をし過ぎ続けて、請求書が来てから支払い合計額の予想以上の大きさに驚いて、それ以来はクレジットカードを使うのを控えた方や、クレジットカードを解約された方ほとんどだと思います。

 現在のくらしの中で、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をせず、現金払いだけだと出先の急な出費に困ることが発生します。

 そこで、クレジットカードの支払いすぎない方法についてのアドバイスをします。

使い過ぎない仕組みづくり

 クレジットカードは原則的に自宅に保管しておき、光熱費や水道料金、通信料金などの毎月の支払いにのみ使うのです。クレジットカードは持ち歩くことはしないのです。請求書を持ってコンビニで支払うことを考えると、かなりの手間が省けるのではいでしょうか。

 スマホのキャッシュレス決済は、あらかじめ使う額をチャージしておくか、あまり使わない銀行から引き落としされるようにして、銀行から即時に引き落としされるようにしておきます。

 これで、クレジットカードやキャッシュレスの使い過ぎは防げるはずです。もちろんクレジットカードのアプリにて支払額を時々確認することは必要です。

使い過ぎなくポイント還元などの経済的なメリットを受ける

 クレジットカードやキャッシュレスを使うことで、支払額の1%以上のポイント還元が受けられることを考えると、現金で支払う方が経済的なメリットがありません

 また、キャッシュレス決済はスマホのロックを解除して、本人認証をしない限り使うことはできませんので、現金を落とすより安全です。

 クレジットカードは、使いすぎの経験のある方は、外に持ち出すことはしてはいけません。

手数料が発生する分割払い、リボ払いに注意!

 「分割払い」「リボルビング払い」を選択した場合には所定の手数料がかかります。クレジットカードの中には、リボ払い専用のものや、最初から支払方法がリボ払いに設定されているものもありますので、クレジットカード申込時などには十分に確認し、意図しない支払方法とならないよう注意してください。


まとめ

 このように、クレジットカードやキャッシュレス決済を使い過ぎた経験があって、現金払いにされている方は、自らが使い過ぎない仕組みを工夫して、キャッシュレス決済のメリットだけを受けるようにしてはいかがでしょうか?

 それでも不安な方は、もう少し様子を見てみるのも大切です。

参考リンク

  • 作成:令和5年4月11日
  • 文:能登 健
  • 出典元:国民生活センター、日本クレジット協会
  • 画像:ぱくたそ
能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表
    大阪で活躍する消費者問題と、デジタル分野に詳しいファイナンシャルプランナー
     
    主にスマホ乗換相談事業者として、消費者に寄り添った対応で、利用プランと支払い額の最適化を実施し、余分な支払いを削減している。
     
    化学プラント設備メーカー、産業用エンジンメーカーの商品開発(防災用発電設備)のプロジェクトリーダー・マネージャーなどを経て、現在に至る。
    課題を解決するために、問題を深掘りし、組織を横断して、さまざまな問題に対応し、解決へ導くことをライフワークとしている。
     
    ファイナンシャルプランナー(国家資格:FP技能士)、情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター(国家試験)、相続診断士(相続診断協会)、お客様対応専門員(消費者庁後援)、色彩検定2級(文部科学省後援)
    デジタル推進委員(デジタル庁)、食品ロス削減推進サポーター(消費者庁)