iPhoneSEはどこで買えばいいの?

301
▲動画リンク:iPhoneSEはどこで買えばいいの?

 アップルから4月16日に新しいiPhoneSE(第2世代)が発表されました。そして、4月24日から販売が開始されました。

 アップルストアでiPhoneSE(第2世代)のSIMフリーモデルを予約購入された方は、既に手元にあると思います。
 大手通信キャリアにて予約された方は、5月11日からの店頭にての販売となります。

 このiPhoneSE(第2世代)は、5万円を切る価格帯でありながら、最新のiPhone11Proと同じA13Bionicチップが搭載されており、以前の機種とされるiPhone8と外観は似ていますが、中身の性能はかなり向上しています。

メーカー希望小売価格よりも割高なキャリアショップの販売価格

 しかしながら、購入する方法で、支払額が大きく異なる事案が発生しています。
 iPhoneのメーカーであるアップルストアで購入する場合は、正規販売価格で購入可能ですが、大手通信キャリアショップで購入する場合は、正規販売価格より高額になる場合があります。


まとめ

 説明用の資料動画を作成しましたので、ご覧になって、低価格帯のiPhoneSEをキチンと正規の価格で手に入れましょう。

  • 作成:令和2年5月7日5時
  • 文:能登 健
  • 出典元:総務省、消費者庁、NTT docomo、au、SoftBank、楽天モバイル、NTTコミュニケーションズ、mineo、UQモバイル、ワイモバイル
  • 絵:いらすとや
能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表
    消費者問題と、デジタル分野に詳しい、大阪で活躍するファイナンシャルプランナー
     
    主にスマホ料金相談事業者として、消費者に寄り添った対応で、利用プランと支払い額の最適化を実施し、余分な支払いを削減している。
    不当な契約があれば解約の上、行政の消費者相談窓口を案内している。
     
    化学プラント設備メーカー、産業用エンジンメーカーの商品開発(防災用発電設備)のプロジェクトリーダー・マネージャーなどを経て、現在に至る。

    社会課題を解決するために、問題と向き合い深掘りし、組織を横断して、時には政府に意見し、さまざまな問題に対応し、解決へ導くことをライフワークとしている。
     
    ファイナンシャルプランナー(国家資格:FP技能士)、情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター(国家試験)、相続診断士(相続診断協会)、お客様対応専門員(消費者庁後援)、色彩検定2級(文部科学省後援)
    デジタル推進委員(デジタル庁)、食品ロス削減推進サポーター(消費者庁)