ウィズコロナで、清涼感が得れたこと

252

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、古典的ではありますが、皆さまはそれぞれ、対策とされていた事を、日常に取り入れて、生活スタイルが変わったことと思います。

  1. 人との距離を取る。
  2. こまめにしっかりと手洗いをする。
  3. できれば、洗顔もする。
  4. 外出からの帰宅時には、まず早く着替えてシャワーを浴びる。
  5. 玄関の靴脱ぎ場を清潔に保つ。
  6. 自宅内を清潔に保つ。
  7. 換気をするようにして、新鮮な外の空気と適度に入れ替える。

 しっかりと手洗いすることや、洗顔や自分自身や身の回りを清潔に保つことで、以前より清涼感が感じられる生活スタイルになっていることにお気づきでしょうか?

 要請や自粛、いつ収束するかわからない、他の新種の感染症が来るかもしれないなどの、不安が継続し、ストレスを感じることがありますが、感染予防対策を保って行動することで、感染予防対策と清涼感が得られます


まとめ

 「ウィズコロナ」とは、新型コロナウイルスが収束するまでの生活スタイルの変化であり、長期間に及ぶのでさまざまな面で「気づき」や「変革」があり、以前の生活スタイルには完全に戻らないことです。

 すでに変化した生活スタイルの中で、皆さまが取り入れている、「清潔に保つ」があります。

 手洗いや洗顔など、清潔に保って、スッキリした気持ちで、過ごすようにしましょう

  • 作成:令和2年5月11日20時
  • 文:能登 健
  • 画像:ぱくたそ、いらすとや

能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表
    大阪で活躍する消費者問題と、デジタル分野に詳しいファイナンシャルプランナー
     
    主にスマホ料金相談事業者として、消費者に寄り添った対応で、利用プランと支払い額の最適化を実施し、余分な支払いを削減している。
     
    化学プラント設備メーカー、産業用エンジンメーカーの商品開発(防災用発電設備)のプロジェクトリーダー・マネージャーなどを経て、現在に至る。

    社会課題を解決するために、問題と向き合い深掘りし、組織を横断して、時には政府に意見し、さまざまな問題に対応し、解決へ導くことをライフワークとしている。
     
    ファイナンシャルプランナー(国家資格:FP技能士)、情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター(国家試験)、相続診断士(相続診断協会)、お客様対応専門員(消費者庁後援)、色彩検定2級(文部科学省後援)
    デジタル推進委員(デジタル庁)、食品ロス削減推進サポーター(消費者庁)