それ、給付金を装った詐欺かもしれません!

221

 特別定額給付金が世帯主が一括で受給手続きすることから、高齢の世帯主を狙った、個人番号(マイナンバー)、通帳、口座番号、キャッシュカード、暗証番号の詐欺にご注意ください。

 特別定額給付金に関して、市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、 絶対にありません。
 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、 手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
※現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、 銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることはありません。

 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、 郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村役場や最寄りの警察署、または警察相談専用電話#9110にご連絡ください。

確認したいことがある場合は、特別定額給付金コールセンターへお問い合わせください。
⚫︎電話番号:0120-260-020
⚫︎応対時間:9:00~18:30(フリーダイヤル)

■まとめ

 特別定額給付金が世帯主が一括で受給手続きすることから、この非常時に便乗した、高齢の世帯主を狙う、巧妙な詐欺の増大が予想されます。
 給付金を受け取るはずが、詐欺で金銭を奪われることになります。
 「怪しいな?」と思ったら遠慮なくご相談ください。

⚫︎新型コロナウイルス給付金関連 消費者ホットライン:(フリーダイヤル)0120-213-188
⚫︎警察相談専用電話:#9110
⚫︎消費者ホットライン:局番なしの188(イヤヤ)
⚫︎お住まいの市区町村役場やお近くの警察署

⚫︎関連ホームページ:総務省 特別定額給付金 の注意喚起
https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/alert/

⚫︎作成:令和2年5月2日23時
⚫︎文:能登健
⚫︎出典元:総務省、消費者庁、警察庁

能登 健
  • 能登 健
  • オフィスまちかど 代表
    大阪で活躍する消費者問題と、デジタル分野に詳しいファイナンシャルプランナー
     
    主にスマホ料金相談事業者として、消費者に寄り添った対応で、利用プランと支払い額の最適化を実施し、余分な支払いを削減している。
     
    化学プラント設備メーカー、産業用エンジンメーカーの商品開発(防災用発電設備)のプロジェクトリーダー・マネージャーなどを経て、現在に至る。

    社会課題を解決するために、問題と向き合い深掘りし、組織を横断して、時には政府に意見し、さまざまな問題に対応し、解決へ導くことをライフワークとしている。
     
    ファイナンシャルプランナー(国家資格:FP技能士)、情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター(国家試験)、相続診断士(相続診断協会)、お客様対応専門員(消費者庁後援)、色彩検定2級(文部科学省後援)
    デジタル推進委員(デジタル庁)、食品ロス削減推進サポーター(消費者庁)