ご挨拶

1830

 私ども、「くらしのお役立ちサポート」のウェブサイトを運営する事業者の「合同会社 オフィスまちかど」を知っていただくために、組織としての理念とミッションを開示しています。


組織の理念

 人に寄り添い、情報を通じて、情報格差の是正、くらしや消費生活の改善、利便性の向上、人としての個々の文化的な意識の尊重を、一人ひとりが生活の主役となっていただき、増進する機会を広げていきます。


組織のミッション

 平成の時代で“情報通信技術(information technology)”が飛躍的に進歩して、情報を活用することにより、大きくビジネスや暮らしが変化しました。
情報リテラシー(読解力、論理的思考力、判断力、分類力、基礎的な法の解釈、教養、倫理観など)と、ITリテラシー(情報通信機器や情報処理機器などを利用する基礎的な関連知識やマナーなど)は、全く意味が異なります

消費者問題の発生する仕組み

 現在では、情報過多で取捨選択の手段である該当分野のリテラシーを持ち合わせていない消費者が、個々に合った有益な情報にたどり着ついていません。
 そのような消費者につけ込んで、事業者側などの大きな力(経済力と情報量と交渉力の圧倒的な差)に混乱させ、妥協した消費者が不利益な状態になっている場合が珍しくありません。

消費者問題が他の社会問題に連鎖

 すなわち、情報格差が経済格差に連鎖しており、貧困や社会的弱者へのしわ寄せが発生し、弱者虐待や犯罪などが発生しているメカニズムが、消費者問題だけでなく社会全体の問題に連鎖しています。
 残念ながら、未だマスコミをはじめ社会の中では問題に目を背け、クローズアップされていないのです。

 私ども、オフィスまちかどでは、皆さんに寄り添い、消費者一人ひとりの立場になり、一人ひとりが生活の主役となるように情報活用の支援、情報の取捨選択の適正化による不利益の改善支援、消費者問題の支援や情報共有など、いわゆる“情報弱者”と呼ばれる方への支援を通じて、社会貢献を目的としております。

 忖度なく機動的にスピード感ある活動して、国民の財産と利益を守るため、所属する消費者団体から、国や消費者行政に提言をしております。
 したがって、あらゆる事業者や利害関係者などの依頼は一切お断りさせていただいております。

合同会社 オフィスまちかど 代表 能登 健


関連団体(順不同)

  • 消費者団体 大阪府消費生活リーダー会:会員、運営委員、情報配信責任者
  • 特定非営利法人 特定適格消費者団体・適格消費者団体 消費者支援機構関西:個人賛助会員
  • 公益財団法人 関西消費者協会:個人賛助会員
  • 消費者庁:食品ロス削減推進サポーター
  • 大阪府 地球温暖化防止活動:推進員
  • 大阪府 豊かな環境づくり大阪府民会議:会員
  • 一般社団法人 大阪府防犯協会連合会 大正防犯協会:委員
  • 社会福祉法人 大阪市大正区福祉協議会:個人賛助会員
  • 一般社団法人 相続診断協会:相続診断士